calendar

2017 年 11 月
« 3 月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

釧路昆布フォーラムに星澤先生が・・・

2013/03/21 18:45

今日は、釧路昆布フォーラムにと行ってきました(^v^)

 

第一部は(奥様ここでもう一品)で有名な星澤幸子先生の

昆布料理トークショー

食育紙芝居を使って、食の大切さや昆布の栄養素、

昆布パワーを面白可笑しくお話してくれました。

昆布のあまり知られていない効果等も詳しく説明していて、

とってもわかりやすかったです。

紙芝居のはじまりは、

長寿(健康的な食事をとっているお坊さんみたいな人の絵)と

癌(肉やファーストフードを大量に食している人の絵)で

あなたはどちらを選びますか?

というもの

もちろん悩むまでもなく・・・

昆布の成分には次の効果があるのを知っていますか?

  

   ①美容・貧血に効果      

       カルシウム牛乳の6

       カリウム 38

       マグネシウム 66

       ビタミンA 200

       鉄 165

       食物繊維 34

   ②デトックス効果

       アルギン酸(ヌルヌル成分がコレステロールや

       有害物質≪塩分も≫を外へ排泄する働き

       デトックスの高い食品

         昆布・玄米・レンコン・牛蒡・玉ねぎ・

こんにゃく・ねぎ・ニンジン・

ホウレンソウ・にんにく・味噌

   ③ガンに効果

       フコイダン(ヌルヌル成分が海藻の傷を修復し

微生物や菌から守る働き)

       ガン細胞を自滅させる効果(アポトーシス誘導作用)

       1996年(アメリカ)JFKメディカルセンター発表

       ガン細胞のDNAが破壊され自滅する

   ④ダイエットや便秘に効果

       昆布に含まれる食物繊維、アルギン酸は

消化しにくいため

       腸の働きを活発にして便通を良くする

   ⑤高血圧・成人病予防

       豊富な食物繊維が塩分や腸内の余分な

コレステロール・糖分などを吸収して

体外に排泄

   ⑥ストレス・骨粗相症に効果

       カルシウムを多く含み、消化吸収しやすく

       精神を安定させストレスを軽減させ、

集中力を高める働き

   ⑦アレルギーはミネラル不足から

       精製した食品・加工食品の多食化で

ミネラルバランスを欠いている

       ミネラルを多く含む部分を取り除いてるものとして

      ・黒砂糖が鉄100% カルシウム100%とすると

       精製砂糖は6.4%        0.7%

 また、玄米の良さも語っていました。

 今、皆さんが食している白米!

 『みなさん、カスを食べているんですよー』 苦笑

 

 第二部は昆布レシピコンテストの試食会と星澤先生の

昆布料理5品のランチ会

 どれも美味しく、家庭でも簡単に作れそうなレシピでした。

 さっそく、今日から玄米と昆布でしょ・・・(^<^)

 
未分類 | comments&trackback(0)

人より4,〇〇〇日長生きするための習慣!!

2012/09/09 21:57

日頃より釧路昆布研究所をご愛顧いただきまして、

誠にありがとうございます。

しばらく(本当にしばらく)ぶりにブログを更新しています。

昆布を毎日欠かさず飲んでいただいている方は

健康、毛髪に心配はしていないのですが、

少々期間が空いてしまっている方や

日々のストレスがたまっている方はとても心配しております。

今日は、健康がすべての源であり、あなたが日々健康でいられるような

習慣を是非見直していただきたいと思います。

① 規則正しい時間に3度の食事をとって、間食をしないこと。

   食事は腹八分目にすること、塩分・糖分・脂肪分を控え

   バランスのとれた食事

   毎朝朝食は欠かさないこと、そして・・・・昆布もネ

② 適度な運動を毎週2~3回続けること

③ 睡眠時間7時間を確保し過労を避ける

④ たばこは吸わないこと

   深酒もダメよ(飲んでも節度を保つこと)

⑤ 適度な体重を維持すること

⑥ よく笑うこと

⑦ 自分の時間をもって気分転換をはかること

⑧ 物事を肯定的に考えること

⑨ 無理なスケジュールを立てずマイペースを守る

⑩ 仕事以外の人と付き合ったり、なんでも相談できる友人を持つこと

 今の習慣をほんの少しでも意識して変えていたら、あなたの健康の寿命も

 もっと伸びていくと思います。

 皆様が健康であることを願って・・・。

                         murakami  

未分類 | comments&trackback(0)

大地震・大津波・発電所事故 お見舞い

2011/03/14 13:57

日本は大変なことになっています。
TVをみてても、悲しい思いでいっぱいになります。
おかげさまで釧路のわが社は無事でしたが
まだまだ数多くの不明者や街自体が壊滅状態になっている
ことに心を痛めます・・・
一日も早い復興を心待ちにするばかりです

私達もできることから準備ややれることを
やっていく必要があるでしょう

まだまだ、充分な警戒をしつつ
体調管理にも気をつけていただきますよう
お祈り申し上げます。

放射性物質も本当に怖いですよね
お気をつけて・・・

未分類 | comments&trackback(0)

今年の受験には、いろんなことがありましたね・・・

2011/03/08 14:58

みなさんこんにちわ!代表の田川です。

春だというのに関東で雪が降ってるとか・・・異常気象ですよね

受験生をお持ちの皆さんにもやっと春がきたか・・・肩の荷が下りたというか

ほっと、一安心なこの季節!

ストレスやさまざまなもので、毛をいじめていたのではないでしょうか・・・

最近胃の調子も・・・なんてこともよく聞こえてきます・・・

整腸作用・・・さまざまな漢方など出ていますが、(薬もしかり)

胃にやさしい食事だけでも、物足りない・・

でも、身体には食物繊維が不可欠!!!

そんなときに、昆布仮根粉末(コンブカコンフンマツ)食物繊維も豊富で

疲れた身体にマグネシウムも

フコキサンチンも・・・きっと良い方向に持っていってくれるはずですよね^^

もちろん フコイダン(結構フコダインとかフイコダンなんて問い合わせがきますが・・・)

仮根をつかったうちの商品で、体の中からリフレッシュしてみてはいかがですか?

報告例の中で・・・『兄の加齢臭がなくなった!』『ウィッグをのせなくてよくなった』

『風邪を引かなくなった』『二日酔いがなくなった』などなど

きっと貴方にも・・・なにかしら変化が・・・

あることを願って・・・

 

とりとめもない話になりましたが、ひさしぶりに・・・

受験生の皆さんもお疲れ様でした^^

未分類 | comments&trackback(0)

子宮頸がんという病気

2011/02/20 21:31

今日、子宮頸がん予防講演会に行ってきました。

講師に三原じゅん子氏と産婦人科の医師を招いていたこともあり

ホテルの客席は満員でした。

私は子宮頸がんという病気がどんな病気なのかあまり知りませんでした。

今年の2月から小学校6年生から中学校2年生の女の子を対象に

この子宮頸がんの予防ワクチンが無料で接種できるようになり、

はじめてこの講演会でこの病気の怖さを知りました。

三原じゅん子氏の病気の体験談を聞いて

他人ごとではないと思い知らされました。

 

今、日本では1日に約10人が子宮頸がんで命を落としているそうです。

早期発見であればほとんどが治るもので

子宮がんには子宮頸がん(子宮の入り口付近にできるがん)と

子宮体がん(子宮の奥、子宮体部にできるがん)があって

子宮頸がんは今、20代から30代の女性に一番多いがんといわれます。

このがんはHPV(ヒトパピローマウイルス)というウイルスの感染が原因で

このウイルスは皮膚や粘膜にあるごくありふれているウイルスで

100種類以上あるそうですが、子宮頸がんの原因になるのは15種類ほど

これを発がん性HPVと呼んでいます。

子宮頸がんの初期は自覚症状がなく、検診でみつかることもあり

進行するにつれて不正出血や下腹部や腰の痛みなどの症状が出てきます。

初期に発見できると子宮を摘出せずに、

からだに負担をかけることもありませんが

進行してしまうと子宮摘出や放射線治療などが必要となり

妊娠や出産に影響を及ぼしてしまいます。

 

三原じゅん子氏はいのちと引き換えに子供を産むことをあきらめ

更には今後の不安も抱えながら一生懸命生きて、

このような病気で自分と同じ思いをしてもらいたくないと

全国を飛び回って講演し、呼びかけているその姿には 

本当に生きる力を感じました。

私も、中2の娘がいるのでこの無料の予防接種はありがたく感じます。

また、一生懸命病気と闘いながら今を精いっぱい生きている人がいることを

健康な人も考えさせられることではないでしょうか

また、多くの人々が様々な病気と闘っていることも

他人ごとではなく感じ、今を大切に生きなければ・・・。

 

               murakami clover.gif

未分類 | comments&trackback(0)

寒さが一段と厳しい時期

2011/01/18 15:33

皆様、体調を崩されてはいないでしょうか?

冬は運動不足で血行が悪くなり

泌尿器に栄養がいきにくく頻尿が起こりやすくなります。

今、中高年ばかりではなく若い人にも増えている排尿障害。

寒さが増してくると、いっそう深刻な症状に悩まされます。

ではその症状の大きな理由としてあげられるのは

血行が滞ること・・・

寒さで血管が収縮して血行が悪くなり血液が身体のすみずみまで

運ばれなくなります。

末梢血管の血行が滞ると身体の組織が栄養不足に陥り

膀胱や尿道に十分な栄養を行き渡らせないまま

機能低下を招いてしまうのです。

尿が膀胱にたまってその情報が脊髄を経て脳に伝わり

尿意として認識されます。

尿道を締めている尿道括約筋が緩み膀胱の筋肉が

収縮して排尿が起こる。

逆に尿意を我慢するためには尿道括約筋が尿道を締める状態を

保たなければなりません。

しかし、血行が悪くなると膀胱や尿道括約筋が十分に働かなくなり

頻繁に尿意が起こってしまいます。

体内の水分は尿を排泄する他に汗をかくことによって調節しています。

しかし、この寒い時期に汗の量が減ることで尿の量が増えて膀胱にたまり

トイレが近くなってしまいます。

では頻尿の目安はというと・・・

一日の排尿回数が昼間は8回以上、夜間は1回以上

ただし、お酒を飲まれる方は排尿回数で頻尿と判断することはできませんが

尿もれや残尿感もある場合は注意が必要です。

中高年になって頻尿や尿漏れが頻繁になった場合

男性では前立腺肥大で女性では更年期により

ホルモンのエストロゲン分泌量が減少することで

骨盤底筋群の機能が低下して尿もれしやすくなることも・・・

身体を冷えから守る対策として服装に気をくばることや

身体の中から温まる食材を心がけることが大切ですね。

 

            murakami delicious.gif

未分類 | comments&trackback(0)

大腸がんは女性の死亡率のトップ

2010/08/02 18:45

さて、もう8月です。暑さも本格的になってきました。

あちらこちらで温暖化の影響を受けているとのニュースが聞こえてきます。

レタスや白菜が雹で収穫ができなくなってしまっているところや

温暖化の影響か海水の温度も上がり漁獲漁にも影響が出ていたり。

釧路もサンマが今年は異例なほど水揚げが落ちています。

地球の温暖化はほんとに深刻な問題ですね。

また、熱中症も気をつけなければなりません。

さて・・・今

 

女性の死亡率№1の大腸がんは50代~の患者が

増加傾向にあります。

特に女性は腹痛には慣れているせいか

どうしても我慢しがち

早めにその症状に気付くためにも

日頃のチェックが必要といえます。

野菜嫌いで脂肪分の多い物を好む人は要注意!!

適度な運動と野菜や果物などを多く摂取するように心がけ

特に食物繊維の豊富なものを食べましょう。

 

たとえばこのようなことにチェックしてみましょう。

右の下腹部が病む場合・・・盲腸など

食事の際などに関係ない病み・・・盲腸・憩室炎など

便に血が混ざっている場合・・・潰瘍性大腸炎・大腸がんなど

下痢や吐き気もないが病む場合・・・深刻な病気の可能性も

便秘がちな人はこのような症状に注意して腸も健康に保ちましょう。

 

                         club.gif murakami

未分類 | comments&trackback(0)

その食べ方!大丈夫?

2010/07/30 07:46

今、成人の5人に1人が糖尿病といいます。

高血圧と一緒で自覚症状がでたときには

もうすでに悪化している可能性が高い病気。

身体のエネルギー源であるブドウ糖が

うまく運ばれずに血液中に溢れてしまう状態です。

原因は血糖値を下げるホルモンであるインスリンが

きちんと働いていないからなのです。

日本人はもともとこの分泌量が少ないため

肥満で発症する欧米人とは異なり

痩せているひとがかかることも少なくありません。

この糖尿病を少しでも早く見抜くためには

自分の血糖値を把握しておくことが大切です。

そして、血糖値を急激に上昇させないこと

3食きちんと摂って血糖値の上昇下降を緩やかに

保つようにしましょう。

食事は野菜から先に食べ、空腹時に炭水化物や甘い物を

急に多く食べると血糖値が急激に上昇してしまいます。

野菜に含まれる食物繊維はコレステロールの増加を防ぎ

インスリン不足原因となる内臓脂肪をつきにくくし

糖尿病予防に効果的です。

パンやおにぎりで食事を済ませてしまう人は

糖質過多になりやすく、腹もちも悪いため

結果的にカロリーを多く摂取してしまうことにも。

 

そこで、糖尿病になりやすい習慣をチェック!!

あなたは何個あてはまりますか?

○ 親族に糖尿病がいる

○ 炭水化物どうしの食べ合わせ

○ 朝食を抜いて夕食をたっぷり食べる

○ 食事と食事の間隔が長い

○ 食事を一気にかきこむ

○ 清涼飲料水をよく飲む

○ コンビニ弁当が多い

○ 毎日お酒の量が多い

○ 過剰なストレスをかかえている

○ 一日歩くことがほとんどなく運動もしない

4つ以上当てはまった方は要注意ですwobbly.gif

 

また、トイレが近かったり、疲れやすい

すぐにお腹がすいたり、のどが渇く、体重が減る

などの症状がでたら悪化しているサインかもしれません。

糖尿病が進むと合併症も引き起こしてしまうので要注意。

糖尿病の前兆も把握していれば

未然に防ぐこともできるのです。

 

                  club.gif murakami

未分類 | comments&trackback(0)

「現代の母親」というお題で

2010/06/24 09:24

久しぶりのブログ更新です。

皆様、少しずつ夏が近づいてきていますが

いかがお過ごしでしょうか?

釧路は毎日の気温の差で体調を崩しやすいところですが

コンブのパワーで元気にいきたいと思います。

さて、

先日、娘の中学のお便りに中学2年の生徒が書いたもので

とても素晴らしい感性の文章がありました。

今日はその意見発表の作文をご紹介したいと思います。

題名  現代の母親について

「先生に怒られた?何怒られることをしたの?」

母に聞くと“先生に怒られた”ということを親に告白したら

このように言われたらしい。

しかし、私がテレビで見た情報では「先生に怒られた」

と母親に伝えたら

逆に教師に抗議に行ったという。

「何でこの程度のことで私の子を叱るのか?」と

このような、いわゆるモンスターペアレントといわれる母親は

現在増加傾向にあるという。

私はこの話を聞いて何故“今”と“昔”でこんなに違うのかと

ふと疑問を抱いた。

そこで今回、この問題について考えてみることにした。

まず私が最初に気になったことは、

「何故今モンスターペアレントが増えてきているのか」だ。

普通の親に教育されれば、モンスターペアレントの増加には

至らないはずだと考えたからだ。

では、何故増えてきているのか?

それは、親の育った学校の“環境”にあるという。

1965年から1980年にかけて校内暴力が目立ち、

そのため教師に対する敬意がゼロに近いためなのだそうだ。

その他の理由として、「子どもを大切にする」という

行き過ぎた愛情や

親同士のコミニュケーションが減少し、

孤立した親の間違った考えが

そういう非常識な結論を出してしまったから、とも言われている。

私はその事を聞いて、子どもに対する親の愛情ということでは

仕方がないこととも思った。

けれど、それは、子どもに対して決してよいことではと思う。

子どもに良識を教え、現代の社会に貢献するような立派な子に

育てるのがまっとうだと感じるからだ。

二つ目に私が気になった点は、

そのモンスターペアレントの行動例についてだ。

「モンスターペアレント」とひとまとめに言っても、

様々な“型”があるという。

まず一つ目に、「自己中心型」これは「子どもを劇の主役にさせろ」、

「行事の日程を変えろ」という親のことを指す。

二つ目には、「子どもが休んだ分の給食費を返せ」などという

“権利主張型”がある。他にも、育児放棄などをする『虐待型』という

モンスターペアレントもいるそうだ。

このような、「モンスターペアレント」について私が思ったことは多々ある。

まず、子どもに対して親の教育の仕方について。

親が子どもに対してすることは、まず、叱るところはきちんと叱って、

ほめるところはしっかりほめることが基本だと思う。

そうして常識のある子どもに育っていくのだと思う。

私の母親もそうした常識を持って育ててくれた。

ところが、モンスターペアレントは過度に子どもをほめ、しかも

本来ならば叱るべきところをこともあろうに誰かの所為にするという

親としてあり得ないことをしている。

そんなことをしていて、みなさんは子どものためになると思うだろうか。

本当に子どもを思っているのならば、モンスターペアレント

のようなことをしないはずなのだ。

「ちゃんと叱り、ちゃんとほめる」ということをすべきなのである。

このような間違った考えを持つ人が子どもを育てると、親の考えが

子にうつり、また同じような親になってしまう。

この連鎖を止めるには、いったいどうしたらいいのだろうか。

親は子どもよりも長く生きることはできない。

だからこそ、生きている内に子どもが困難に突き当たっても、

それを避けるようなことはせずに対処法だけを教える。

そうすれば子どもは自分で立ち向かえるし、

それが本当の親の愛情ではないのだろうか。

これはモンスターペアレントのみではなく、

すべての母親にいえることである。

私が思うに、モンスターペアレントという問題はなくなった方がよい。

その問題を解決するには?と聞かれて答えられるものではないが、

それは自分が親になった立場に立たされたらわかるのかもしれない。

最後に、たとえモンスターぺアレントだとしても

わが子に対する愛情のかけ方が間違っているとしても

虐待型を除いてわが子可愛さゆえに怒っているということを

忘れてはならない。

 

最近また、大きな事件がありました。

この文章を読むととても考えさせられます。

皆様はどう感じますか?

 

                                  club.gif murakami

日記, 未分類 | comments&trackback(0)

免疫力アップの口ぐせ

2010/05/19 21:27

未分類 | comments&trackback(0)