calendar

2017 年 11 月
« 3 月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

やってきます花粉の春

2010/02/25 00:58

待ち遠しい春・・・

でも花粉症の方はとっても大変な季節到来ですよね

そんなお悩みのをお持ちの方は早めの対策をしましょう。

 

平成22年の春の花粉飛散の傾向は昨シーズンの

半分以下のところが多く、時期的にみても同じくらいのようです。

ただ北海道はやや多くなる見込み

 

でも花粉症っていったい何なの?と思ってらっしゃる方へ

花粉症とは、季節性のアレルギーのことで

花粉の飛ぶ季節にだけ症状が現れます。

植物の花粉に反応して鼻水やくしゃみなどを引き起こします。

アレルギー反応を起こす物質(抗原)を「アレルゲン」といい

花粉症の代表的なアレルゲンはスギ花粉です。

その他ヒノキ、ブタクサ、ヨモギなど約50種類の植物が

花粉症の原因としてあげられます。

実は現在、花粉症でお悩みの日本人は約20%

花粉症人口はは年々増え続けています。

このように花粉症人口が急激に増えた原因は

2つのことが考えられています。

まず一つに戦後の国の造林計画によってスギ花粉が増加したこと

つぎに車の排気ガスや大気汚染の影響で鼻の粘膜が弱ったこと。

 

そして、最近わかってきた腸の免疫システムの崩れ

このことも関係していることが認められるようになり

特に小腸は、食べ物を消化・吸収する臓器であると同時に

体全体の約60%の免疫細胞や抗体を持っています。

免疫システムにおいて重要な役割を持つ小腸の免疫細胞の

バランスが崩れると、アレルギーの病気になりやすくなる

ことが分かってきています。

 

まずは次のpointをもとに早めに身近な対策を始めましょう。

 

◇ 規則正しい食生活で花粉に負けない体質づくり

◇ 免疫力をupして自然治癒力を高める

◇ 早朝にお部屋の空気を入れ替えたり

   空気清浄機を利用するなど床のお掃除はこまめに

◇ アイマスクや鼻の冷却シートなど便利グッズを利用

◇ 抗アレルギー作用のある入浴剤や花粉用スプレーなどの利用

◇ 洗濯物は外に干さないで部屋干し

 

そんな予防をしていても

 

かかってしまったら

そのつらい症状を緩和するため即効性の高い薬を

求める方もいらっしゃると思いますが

それなりの副作用があるのも事実です。

薬の種類・使用法・注意点などをきちんと知っておくことが大切です。

 

つらい春ではなくすがすがしい春を迎えるために

皆様気をつけてくださいね。

                 

               club.gif murakami

         

アレルギーについて | comments&trackback(0)

もしかしてそのくしゃみ・・・アレルギー??

2010/01/18 07:09

先日、生の牛乳・・・つまり搾りたての牛乳を頂きました。

わたくしの祖母の家も乳牛農家なため

よく子供のころはその新鮮な牛乳を沸かしてもらって

飲んだものです。

やっぱり、市販の牛乳とは比べ物にならないくらい美味しい。

そしてもちろん栄養価も高い。

 

しかし、最近牛乳嫌いとか、食物アレルギーの方が増えています。

その理由は、食生活が豊かになり動物性脂肪や

たんぱく質の摂取量が増えたこと。

その他環境の変化、腸内細菌環境などが指摘されますが、

まだまだ原因不明点も多くあります。

 

人の体は体外から侵入しようとするウイルスや細菌などを

攻撃する免疫作用が備わっています。

有害なものから身を守ることが本来の姿ですが、

有害ではないものにも敏感に反応し

様々な症状を引き起こすアレルギー

遺伝も考えられますが、食品添加物やストレス、ハウスダストなどで

突然の発症もみられます。

アレルギーにも様々ですが

季節的におこる花粉症・・・これは春先の植物の花粉が

鼻や目に入り知覚神経が刺激を受け、

くしゃみや鼻水、かゆみの症状がでるもの。

 

アレルギー性鼻炎・・・これは室内の埃やダニ、カビ、ペットの毛など

ハウスダストを吸い込むことで鼻の粘膜に反応を起こすもの。

 

動物アレルギー・・・いぬやねこ、ウサギやハムスター、鳥などに

近づいたり触ったりしたとき、動物のフケや体毛が原因で発疹や

腫れ、くしゃみ、鼻水がでるもの。

 

食物アレルギー・・・卵やそば、ピーナッツなどこれらに含まれる

特定のたんぱく質が原因で湿疹や下痢、ぜんそくなどの症状がでるもの。

 

薬物アレルギー・・・抗生物質や解熱鎮痛剤などの医薬品で

発熱やむくみ、発疹などがでるもの。

 

金属アレルギー・・・ピアスやネックレス、時計など金属製のものを

つけた部分または全身に炎症がおこるもの。

歯の治療でアレルギー反応がでることもあるので気をつけましょう。

 

紫外線アレルギー・・・紫外線が原因となり、日光に当たる事で皮膚に

発疹や炎症をおこすもの。紫外線によってアトピー性皮膚炎が悪化する

こともあるので、日焼け止めなどの対策を・・・

 

アトピー性皮膚炎・・特定の食べ物やハウスダストが原因で

強いかゆみを伴う発疹が繰り返し現れます。

かゆみで眠れずストレスとなり症状の悪化も・・・

 

このようなアレルギーを完治させるのには体質改善をはからなければ

ならないなどとても時間がかかります。

まず、身近にできることから始めましょう。

たとえば

◇掃除はこまめに行いハウスダストが飛散しないような環境作りを

◇ストレスをため込まない生活を

◇バランスのとれた食事

◇石鹸やシャンプー・リンス等のすすぎ残しがないように

 

また、フコイダンには抗アレルギー作用があります。

花粉症やアトピーなどの緩和が注目されています。

 

\\\\鼻がむずむず、肌がかゆい\\\\

なんて症状

あなたは大丈夫ですか?

今日のkey.gifwordはアレルギーですYo

 

             club.gif murakami

 

 

アレルギーについて | comments&trackback(0)