calendar

2017 年 11 月
« 3 月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

水の上手な選び方

2010/07/07 19:31

今、健康ブームである中

日本でサプリメント以上に注目されているのが

『水』

そう、私たちの体はほとんどが水分でできていると言ってもいい

ほどです。

一日約2リットル以上の水分を、汗や尿、便などから排出しています。

ですから、毎日同様に水も補給しなければなりません。

必要量は一日に約2リットル。

水の飲み方は起床したらコップ一杯、

日中はこまめに水分補給

夜は就寝前にコップ一杯の水を飲むことが理想的です。

 

ひとくちに『水』といってもミネラルが豊富なものや炭酸水など

それぞれの体質によって適した水選びも

健康を維持するためには必要といえます。

 

たとえばこんな症状に合わせて

 

 

◇コレステロールか高めの人

 硬度200から300程度の水で硬水とよばれるものがおススメ

 硬水に含まれるカルシウムは不足すると動脈硬化や心筋梗塞、

 脳卒中になるおそれも。

 

◇肩こりやむくみなどの症状がある人

 炭酸水がおススメ

 血液中の二酸化炭素濃度が上がり血流が促され

 血行不良などの症状の緩和

 

◇便秘解消やダイエットなどが目標の人

 超硬水がおススメ

 豊富なカルシウムが腸の働きを活発にしマグネシウムが

 便を柔らかくして排泄を促します。

 ただし、腎臓に病がある人は避けたほうがいいようです。

 

◇ストレスや生活習慣病やガンの心配のある人

 アルカリ還元水や水素水などがおススメ

 アルカリイオン水には活性酸素を抑える作用が期待でき

 胃潰瘍や胃が弱い人はなるべく避けたほうがいいようです。

 

さあ、皆様、毎日飲まれる『水』の選び方も

気をつけてみてはいかがでしょう。

 

                  club.gif murakami

 

ミネラル, 健康・美容 | comments&trackback(0)

免疫力を高める食事

2010/06/04 08:06

日本人が古くから続けていた玄米菜食

食事療法のなかでもとりわけ重要視されている

玄米と同じ全粒穀物

米の作りは表皮であるもみ殻、その中のヌカ、

白米として食べる胚乳

胚乳はほとんどでんぷんしか含んでいません。

これに比べ胚芽米や玄米はビタミンやミネラル、食物繊維が豊富な

健康食品といえます。

なかでもビタミンB群が豊富に含まれているのが玄米の特徴

 

たとえば代謝異常で起こるガンなどの病気はその代謝の

根幹の部分で働くクエン酸回路が大きく関わっていて

ビタミンB群が欠乏すると、この回路が止まってしまい

細胞の代謝を大きく狂わせてしまいます。

 

その結果、ガンなどさまざまな病気を招いてしまうのです。

そのため、ビタミンB群を豊富に含む玄米を食べるようにすることは

ガンの予防にも必要と思われます。

その他にも玄米には免疫力を高めたり

活性酸素を除去する成分も豊富なのです。

 

また、野菜と果物の摂取も欠かせません。

代謝異常はクエン酸回路の滞りだけで起こるわけではありません。

ミネラルのバランスの乱れによっても細胞のガン化を招いてしまいます。

 

ですから、ミネラルのバランスを正す、野菜・果物をきちんと摂取して

カリウムを補って塩分を控えましょう。

食事のpointとして次のことを目安にしましょう。

 

point

一日一回、玄米を茶碗一杯から二杯・・・よく噛んで食べましょう

野菜と果物を毎日摂る・・・効率よく摂取するなら野菜と果物のジューズ

豆腐を毎日食べる・・・ガンを防ぐイソフラボン・良質のたんぱく質源

海藻ときのこ類を毎日食べる・・・根昆布なら一個、

                    免疫力を高めるフコイダンや

                    βグルカンが豊富に含まれています。

ヨーグルトを毎日食べる・・・免疫力を高める乳酸菌

食用油はオリーブ油かごま油を少量

レモン汁を毎日摂る・・・ビタミンCやポリフェノールが活性酸素を除去

 

さあ免疫力の高い身体づくりへ

 

                   club.gif murakami

フコイダンについて, ミネラル, 免疫力 | comments&trackback(0)

長時間、脳が元気に

2010/06/01 17:29

皆様、バナナはよく食べますか?

最近はおやつにバナナというと全く喜ばれませんが・・・

 

朝バナナが少し前に話題となっていましたが

バナナは減量や血液浄化・免疫力強化に効く

若返りの栄養の宝庫といえます。

 

バナナには脳のエネルギー源になるブドウ糖や

果糖、ショ糖など多くの糖が含まれています。

その他、バナナの糖には腸内の善玉菌を増やす

オリゴ糖も含まれ、腸内の善玉菌が増えることで

腸が活発になり便秘も解消されます。

また、免疫力が高まることもわかっています。

 

バナナを食べるとすぐにブドウ糖が脳に届いて

エネルギーとして使われます。

そして長時間にわたって脳が元気に働くようになります。

 

その他のバナナの栄養素として

☆ミネラル・・・カリウムは過剰なナトリウムを排泄

         マグネシウムは基礎代謝を高めて肥満を防ぎます。

☆ポリフェノール・・・バナナの白いすじの部分に含まれます。

         バナナは特に身体のさびを落とす酸化力が強い食品です。

         

また、不溶性の食物繊維や糖・脂肪の燃焼を助ける

ビタミンB1・B2、酵素などが含まれます。

 

お手頃なバナナにはこんなに多くの栄養素がまれています。

皆様、健康やダイエット、美肌効果のために

是非バナナを常食してみてはいかがでしょうか。

 

                club.gif murakami

ダイエット, ビタミン, ミネラル, 健康・美容 | comments&trackback(0)

脳をパワーアップ

2010/05/18 08:38

現代人、特に子供や若者が大好きな食品郡

実はこれは酸化食といわれるもの

酸化食?

主に酸化した油を使っている食品のこと

酸化した油が脳細胞に触れると細胞膜が破壊されてしまう

そうした結果頭の働きが悪くなるのです。

 

主な酸化食は、インスタントラーメンやハンバーガー、フライドポテト

ポテトチップスなどのスナック菓子、糖分の多いドリンク

脂肪分の多い食事などがあげられます。

これは成長期にはもちろん、大人でもあまり摂らないほうがいいと

考えられます。

ファーストフードのポテトは何日か経っても腐らないそうです。

ということはかなり身体に悪いことがわかります。

 

では逆に頭の働きを良くするものとして

良質なたんぱく質(魚・肉・卵・大豆)

カルシウム(乳製品・牛乳・魚)

カロチン(緑黄色野菜)

ビタミン(野菜・果物)

炭水化物(米・パン・麺・いも類)

脂質(油脂)

これらの栄養素を上手に組み合わせて

バランスのよい食事

主食+たんぱく源(魚介類・肉・豆腐・卵など)

+ビタミンやミネラル(野菜・海藻・きのこ・こんにゃくなど)

 

頭のよい悪いは遺伝的な要素もありますが

多くは環境と食生活に左右されやすい。

脳細胞の数はもともとは個人差が無く

頭の働きの差は細胞の数ではなく

細胞から延びる枝葉がたくさん伸びていて

複雑に絡み合っているいる人ほど頭がいいということになります。

 

知力upには・・・DHA・EPA(青魚の脂身に多く含まれます)

脳の働きを活発にし感情を安定させてくれます。

 

思考力upには・・・チロシン(たけのこに多く含まれます)

チロシンが脳内に入るとドーパミンという物質に変わり

思考力を高め、やる気を高めます。

 

記憶力upには・・・レシチン(大豆やピーナッツ類・卵に多く含まれます)

レシチンは体内でアセチルコリン(神経伝達物質)に変化し

脳に直接働きかけ記憶力を高めます。

 

もしかしてお酒を飲むときのおつまみとしてナッツ類が

多いのは、アルコールで記憶が飛ばない予防なのでしょうか??

まさか・・・

年々記憶力は肝心になってきます。

手軽に食べれるもので

大豆やナッツがバーになって売られていますが

ワタクシもナッツ類を好んで食べるようにしようかしらと思うこの頃です。

 

                          club.gif murakami

カルシウムについて, ビタミン, ミネラル, 健康・美容 | comments&trackback(0)

ミネラルは雑穀からも

2010/03/28 23:10

トリノで開かれたフィギュア世界選手権で

見事!!真央ちゃん金メダルを取りましたね(^v^)

やっぱり満足な演技は表情も違いますね

本当に良かったと思います。

 

さて、今日はミネラルのお話をしましょう。

現代人の食生活ではミネラルが不足しがち

そこで雑穀のパワーに注目!

雑穀は種類が多く、それぞれにしっかりと

powerを秘めています。

たとえば・・・

もちきびには亜鉛や食物繊維、マグネシウム、鉄を含みます。

ひえには亜鉛や食物繊維、マグネシウムやリンなどバランスが良い。

玄米には食物繊維とビタミンB群、フィチン酸を含みます。

とうもろこしには糖質やたんぱく質、ビタミンA群B群、リン、カリウムなどの

ミネラルも含んでいます。

大豆はたんぱく質とリノール酸、オレイン酸、コリンなどを含みます。

黒大豆は普通の大豆に比べポリフェノールが豊富でこの煮汁は健康に

よいと言われています。

 

雑穀には、もちもちの食感のものや歯ごたえのあるものなど様々ですが

多くの種類をブレンドすることでミネラルや食物繊維など

バランス良く摂れる優れモノです。

ちなみにワタクシもちもち食感が大好きです(*^。^*)

毎日お米を多く食する日本人は是非!!

少し食に変化をつけてはいかがでしょう?

 

                    club.gif murakami

ミネラル | comments&trackback(0)