calendar

2017 年 11 月
« 3 月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

ホルモンとは・・・?

2010/08/19 11:42

ホルモンは若さと健康を維持していくのに欠かせない。

よく耳にするもので

卵巣からでる女性ホルモン。

これは女性の若さに関係が深く

副腎から出る性ホルモン、

脳下垂体から作られる成長ホルモンなどがある。

中でもこの成長ホルモンは特に重要な役割を担っている。

 

 

でもホルモンって一体何なのでしょう?

ホルモンとはギリシャ語で『呼び覚ます』という意味の言葉

からきていて、身体の中でつくられる化学的な物質です。

身体の中で多種のホルモンが分泌され

自律神経のバランスや若さを保っているとされています。

ホルモンの分泌量は20代でピークを迎えて

30代は減少しはじめる。

ホルモンが減少してくるとエネルギーや意欲・

筋力の低下、視覚の低下、骨粗鬆症の進行などから

皮膚のハリなどにも老化現象が出てきます。

 

成長ホルモンは細胞分裂やたんぱく質の合成など

新陳代謝にも大きく関わっていて

成長期に骨や筋肉をつくるため、成長期に多く分泌されるものと

考えられていましたが、成長後も様々な代謝のバランスを保ちながら

分泌されています。

とくにこの成長ホルモンは若返りに大きく関係し、

骨を丈夫にすることやハリのある肌、

免疫力の強化など、その働きは多くある。

 

30歳過ぎから減少しつつあるホルモン分泌量も

日頃の生活習慣で取り戻すことが可能なのです。

見た目の若さや活力は食生活や睡眠・運動を気をつけることで

ある程度は自分でコントロールできるものなのです。

 

                      club.gif murakami

健康・美容, 免疫力 | comments&trackback(0)

免疫力を高める食事

2010/06/04 08:06

日本人が古くから続けていた玄米菜食

食事療法のなかでもとりわけ重要視されている

玄米と同じ全粒穀物

米の作りは表皮であるもみ殻、その中のヌカ、

白米として食べる胚乳

胚乳はほとんどでんぷんしか含んでいません。

これに比べ胚芽米や玄米はビタミンやミネラル、食物繊維が豊富な

健康食品といえます。

なかでもビタミンB群が豊富に含まれているのが玄米の特徴

 

たとえば代謝異常で起こるガンなどの病気はその代謝の

根幹の部分で働くクエン酸回路が大きく関わっていて

ビタミンB群が欠乏すると、この回路が止まってしまい

細胞の代謝を大きく狂わせてしまいます。

 

その結果、ガンなどさまざまな病気を招いてしまうのです。

そのため、ビタミンB群を豊富に含む玄米を食べるようにすることは

ガンの予防にも必要と思われます。

その他にも玄米には免疫力を高めたり

活性酸素を除去する成分も豊富なのです。

 

また、野菜と果物の摂取も欠かせません。

代謝異常はクエン酸回路の滞りだけで起こるわけではありません。

ミネラルのバランスの乱れによっても細胞のガン化を招いてしまいます。

 

ですから、ミネラルのバランスを正す、野菜・果物をきちんと摂取して

カリウムを補って塩分を控えましょう。

食事のpointとして次のことを目安にしましょう。

 

point

一日一回、玄米を茶碗一杯から二杯・・・よく噛んで食べましょう

野菜と果物を毎日摂る・・・効率よく摂取するなら野菜と果物のジューズ

豆腐を毎日食べる・・・ガンを防ぐイソフラボン・良質のたんぱく質源

海藻ときのこ類を毎日食べる・・・根昆布なら一個、

                    免疫力を高めるフコイダンや

                    βグルカンが豊富に含まれています。

ヨーグルトを毎日食べる・・・免疫力を高める乳酸菌

食用油はオリーブ油かごま油を少量

レモン汁を毎日摂る・・・ビタミンCやポリフェノールが活性酸素を除去

 

さあ免疫力の高い身体づくりへ

 

                   club.gif murakami

フコイダンについて, ミネラル, 免疫力 | comments&trackback(0)

指先に自律神経のツボ

2010/05/27 20:58

自律神経とは、私たちの身体の中で

私たちの意志とは関係なく内臓や血管の働きを支配しているものです。

この自律神経の働きが乱れてしまうと

様々な病気になってしまう危険も高まります。

自律神経の乱れから、白血球の一種である

リンパ球のバランスもくずれ

ガンになる危険も高くなるのです。

そんなことになる前に自律神経を正して

あらゆる病気を寄せ付けないためにも

免疫力も向上させ身体づくりをしましょうね。

 

そこで、今日は手軽にできる自律神経のツボをご紹介しましょう。

それぞれの指先には自律神経の働きや血流を促すツボがあります。

爪の生え際の両角を少し痛みを感じるくらいの強さで押してみてください。

数秒ほど、それぞれの指を押すだけの簡単なツボ押しです。

特に就寝前に行うと効果が大きく、1日に3回ほど行うのが理想です。

身体の末梢部分(指先)には自律神経や毛細血管が集中しています。

また、交感神経も正常に働かせてくれるツボでもあります。

その効果は早い人で1カ月ほどで乱れが解消されます。

さあ、手軽なツボ押しで

白血球の働きも高めて健康維持に心がけましょう。

 

                   club.gif murakami

健康・美容, 免疫力 | comments&trackback(0)

健康デザート!!はちみつ

2010/05/14 08:46

みなさま、はちみつはよく食べられていますか?

はちみつは砂糖の3分の1ほどのカロリーで

少量でも満足感が得られる甘味料

トーストやホットケーキには定番ですが

日々のお料理に結構重宝します。

はちみつには魚の臭みを和らげたり

肉を軟らかくする効果があります。

ワタクシ、ザンギ(唐揚げ)を作るときは

必ずはちみつを入れます。

そうすると程よい甘みとお肉の軟らかさで

とっても美味(ジューシー)good.gif

はちみつは甘みばかりではなく

ビタミンやミネラル、アミノ酸、酵素など

様々な有効成分が含まれています。

このような成分により、香りやコク、ツヤで

独特な風味を引き出します。

また、ご飯を炊く際に少量のはちみつを加えることで

ふっくらと炊きあがります。

そして、ワタクシも毎日食べている

ヨーグルトにもとっても合います。

味の相性ばかりではなく整腸作用や

栄養効果にも優れているといえます。

はちみつには糖質の一種・・オリゴ糖、

有機酸の一種・・・グルコン酸が含まれ

腸の中の善玉菌のえさになり活動を活発にさせてくれます。

善玉菌は腸の働きを強化する有機酸やビタミンを作ったり

免疫力を強める白血球のはたらきを活発にする作用があります。

はちみつヨーグルトは善玉菌の宝庫といえますね。

是非毎日の健康デザートに追加してみてはいかがでしょう??

 

                 club.gif murakami

健康・美容, 免疫力 | comments&trackback(0)