calendar

2010 年 5 月
« 4 月   6 月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

赤ら顔と目の下にクマ

2010/05/28 08:47

もう5月も後半ですがなかなか気温があがらず

外出の際はもう一枚何か持っていったり

装いに工夫も必要な釧路ですが

 

皆様、体調を崩してはいませんか?

平熱は皆様何度ですか?

わたくしちょっと低いのですが・・・・

 

平熱が36.5度を下回ると低体温といわれます。

36.5度以上があれば新陳代謝が順調に行われているので

細胞もいきいき働いているのですが、

近年では体温調節がうまくいかずに低体温の人が増えています。

この低体温で血流が低下し代謝も悪くなり身体に老廃物が蓄積され

エネルギー消費も低下させます。

その結果、血液に余分な脂肪や糖が蓄積され

ドロドロ血液を招いてしまいます。

また低体温は免疫力や白血球の働きにも影響があります。

実際、がん細胞は35度の時にもっとも活発になることがわかっています。

 

では、どんな人が低体温になりやすいのでしょうか?

いくつか特徴があります。

たとえば

肥満・・・脂肪は一度冷えるとなかなか温まらないため

     身体の冷えを長引かせることになります。

便秘・・・新陳代謝が衰えるため低体温を招きます。

シャワー・・・シャワーだけでは身体の芯まで温まらず

     日常的に続けると低体温を招きます。

赤ら顔・・・赤ら顔は一見体温が高そうに思いますが

      実は下半身が冷えて血流が悪くなり身体の熱が

      上方に集まった状態です。唇や歯茎が紫色に近ければ

      低体温の可能性が高いのです。

目の下のクマ・・・目の下の皮膚はとても薄く毛細血管が透けて見えるほど

      全身の血流が滞るとその影響は目周りに現れます。

      黒ずみなどのクマができていれば低体温の可能性も・・・

 

これらのことに当てはまるという方は要注意ですYo

低体温を早めに改善しておきましょう。

 

                club.gif murakami

健康・美容 | comments&trackback(0)